top of page
検索
  • 執筆者の写真飯牟禮真知子

病院問題について

病院問題について、いろんな人の意見を集めている。


一次救急を希望する人、二次救急を希望する人、病院の建設より、救急車の台数を増やす方がいいという人。


場所の問題も、コンパクトシティ化を希望する人、高速の近くを希望する人、他の場所を希望する人。


現理事長の継続を求める人もいるし、前理事長を求める人もいる。


意見は十人十色。


市長や市議という立場は、その住民の意見をしっかり吸い上げて、納得いくまで議論するわけで、その議論にはもちろん理由付けが必要だと思うのです。私的な感情ではなく、いいことばかり主張してごり押しするわけでもなく、メリットデメリットもあげて、そのデメリットに対する解決策なども提案できるように下調べなどもする必要がある。


署名運動も確かに一つの住民の意見ではあるけれど、名古屋でおきた著名活動問題のようなずさんな管理ではいけないし、署名する人も、「書いてくれと頼まれたから・・・」という気持ちではなく、ちゃんと問題を理解して考えたうえで署名すべきだと思う。


我が家はただの一般市民なので、うわべでしかものを考えられない現状があり、中に入らないとわからない問題などもあることから、SNS上に今の考えを書くのは無責任だと思う。


ただ、旦那さんとは、病院問題についていろんなパターンの話をするので、これからもたくさんの人の意見を聞いて、自分の中でしっかりとした意見に変えていきたいと思う。


公平な目をもつためには、賛成派、反対派と、両方の意見を聞いていきたいので、これからも自分の足で歩きながら、耳を傾けていきたいと思います。

閲覧数:137回0件のコメント

留言


留言功能已關閉。
bottom of page